外用ステロイド剤の強さ
ステロイドのランク 

031611010214
用語 Top ちかかね皮膚科
ステロイドの副作用へ ステロイドの塗り薬の上手な塗り方

今までの質問と答え

2
3
4
5

ステロイドの強さと副作用は、必ずしも一致しません。
薬効の表記・順番は種々の意見がありあくまでも目安です。

ランク
商品名
コメント
最も強い
デルモベート

虫刺され、ひどいかぶれ、やけどの初期に有効

非常に強い

ダイヤコート、ジフラール

かなり強いがデルモベートよりは効果が劣る。

強い

マイザー
リンデロンDP
フルメタ
アンテベート
ブデゾン
テクスメテン、ネリゾナ
メサデルム
トプシム
ビスダーム
アドコルチン
パンデル

強さや基剤(ステロイドが、溶けているもの)が異なり効果や付け心地が異なります。

例えば、ネリゾナユニバーサルクリームは、基剤が特長的です。トプシムクリームの基剤には、抗菌作用があるといわれている。
ブデゾンステロイド剤なのに比較的かぶれることが多い外用薬と言われていました。現在発売中止になっています。
逆にビスダーム軟膏の基剤はかぶれにくいといわれています。
パンデルは、ハロゲンを含まないステロイドで
比較的早く分解されると言われています。

普通

エクラー
ボアラ、ザルックス
リンデロンVVG
ベトネバール
プロパデルム
リドメックスコーワ
フルコート

リンデロンVG、(ベトネバールG)は、日本で最も有名で最もよく使われたステロイドでゲンタシン(抗生物質;ゲンタシン;黄色ブドウ球菌の約30%位が、耐性になっている)との合剤です。ベトネバールNは、フラジオマイシ(抗生物質)との合剤です。

やや弱い

アルメタ
ロコイド
ケナコルト、レダコート
ロコルテン

このランクから顔に比較的長期に使用できます。短期なら上位のランクも使用可能です。

アルメタは、強さの割に血管拡張などの副作用が少ないとされています。ケナコルトAGは、フラジオマイシ(抗生物質)との合剤です。

弱い

キンダーベート

顔に付けても問題ないが、効果も弱い。

非常に弱い

デクタン
プレドニン
グリメサゾン
コルーテス

外用してもステロイドしての効果は、あまりありません。

グリメサゾンは、グリテ-ル(臭いのある抗菌剤)との合剤です。バイキンを殺す作用が強いとされています。

剤形には、 軟膏、クリーム、ゲル、液、スプレー、テープなどがあります。テープにするとランクはさらに上になります。
用語 Top ちかかね皮膚科 ステロイドの副作用へ ステロイドの塗り薬の上手な塗り方

 
UP